Entries

ハロプロ・オナニー祭り開催中

祭り開催中です。昨日から掲示板の調子が悪いときがあるようです。参加者の皆さん、ゴメンナサイ..。

【ハロプロ・オナニー祭り板】
http://18ban.jp/235228/

【ハリコ途中経過】
管理人・・・2枚
onanさん・・・11枚

ちなみにハロプロってこんなにいたんですね(笑)。みんな誰かが好きでしょ?

matsuri_hello_all.jpg
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://onapet.blog26.fc2.com/tb.php/220-66c170d6

トラックバック

コメント

[C2248] ベリーズ工房

 ロリ嗜好が強い私にとって、小中学生オンリーのメンバー構成が、自身の性欲を強烈に刺激しました。毎日、メンバーをオカズにヌイていましたが、妄想が尽きることはありませんでした♂
 
  • 2010-02-27 14:10
  • KOH
  • URL
  • 編集

[C2251] こんな妄想でヌイていました①

 Berryz工房のメンバーは、週末になると全員で合宿生活を送っていた。お互いの信頼を深め、グループの士気を高めることが目的だ。しかし、それは、保護者から承諾を得るための口実に過ぎず、実際は、事務所を支援している出資者に奉仕するために集められていたのだ。
 Berryz工房は、事務所の多額な負債を補填するために、出資者の少女嗜好に合わせて結成されたグループだった。出資者は、40才から50才代の中年男性8人で、彼等がハロプロエッグの中から好みの少女を1人ずつ選んでいた。
 事務所は、メンバーを睡眠薬を使って眠らせ数々の痴態を撮影すると、それをネタに脅迫し、変態行為を強制していた。
 メンバーは、金曜日の仕事を終えると、合宿所に向かった。お揃いのテニスウェアを着用すると、一列に並び大きな声で挨拶をした。メンバーの前には、その姿を酒を飲みながら、嫌らしい目つきで眺める8人の男達が、ソファーに座っていた。
 全員40才から50才代の中年男性で、如何にもスケベオヤジという感じの男達だ。皆から“キャプテン”と呼ばれている佐紀が、男達に向かって笑顔で言った。
「日頃からBerryz工房をご支援頂きまして、誠にありがとうございます。
 今夜は、精一杯お持てなし致しますので、宜しくお願い致します。
 先ずは、正面のモニターをご覧下さい。」
 モニターに映し出されたのは、メンバーが自画撮りした自慰行為の映像だった。父親よりも年上の男達に自身の自慰行為を見られて、羞恥に顔を真っ赤に染めるメンバー。男達は、モニターと実際のメンバーを交互に見ながら、それを肴にうまそうに酒を飲んでいた。
「失礼致します。」
 メンバーは、全員で声を合わせて言うと、モニターを遮るようにそれぞれ正面の男の真横に立った。そして、今度は桃子が男達に言った。
「私達は、セクシーアピールに磨きをかけるために、毎日オナニーに励んでいます。今後は、更にオナニーの回数を増やして、皆様に喜んで頂けるように頑張ります。
 本日は、皆様の嗜好に合わせたプレゼントをご用意致しました。
 お手数ですが、私達のショーツを膝まで下ろして頂けますでしょうか。」
 男達は、スカートの中に両手を入れると、ショーツの両端を掴み、言われた通り膝まで下ろし始めた。メンバーは、自身のショーツが常にピンと張るように、少しずつ脚を開いていく。男達がショーツを膝まで下ろすと、黄色いシミがクロッチ部分に大きく広がっていた。
「女の子の臭いがお好きとお聞きして、その臭いを充分堪能して頂けるように、1ヶ月間ショーツを交換していません。オナニーもショーツを穿いてしていますので、私達のエッチな汁がタップリと染み込んでいます。お気に召しますでしょうか。」
 千奈美が言い終わると、男達は、ショーツのクロッチ部分に鼻を押し付けて、ショーツをフィルター代わりに思い切り空気を吸い込んだ。夢中で臭いを嗅いでいる男達に向かって、梨沙子が声を掛けた。
「もし宜しければ、皆様がお穿きなっている下着を頂戴できないでしょうか。出来れば、精液をお付け頂ければ幸いです。それをオカズにここでオナニーをしたいのですが、如何でしょうか。」
 梨沙子の提案に男達は、快諾すると立ち上がり、ズボンと下着を脱いで座った。そして、下着を片手に持つと、勃起した肉棒を扱き始めた。男達は、下着にタップリと射精すると、メンバーにそれを渡した。
「ありがとうございます。それでは、タップリと精液が付いた下着をオカズにオナニーを致します。」
  
  • 2010-03-01 09:43
  • KOH
  • URL
  • 編集

[C2253] こんな妄想でヌイていました②

 メンバーは、男達に向かって腰を突き出すと、両手でポロシャツを一気にたくし上げた。
「皆様、胸と股間をご覧下さい。乳首とクリに金属製のキャップが装着されているのが、お分かりになるでしょうか。
 これは特性のローターで、体温によって動いています。内側がベアリング構造になっていて、それがゆっくりと回り乳首とクリを刺激します。微弱な振動のためにイクことはできませんが、性欲を高めるには十分な刺激を与えてくれます。
 このローターは、接着剤で取り付けられているので、専用の剥離剤がなければ外すことができません。
 常に性欲が高まっていますので、オ○ン○からエッチな汁が溢れ出し、ショーツを汚しています。
 これから皆様にオナニーをご披露致しますが、スケベな質問をたくさんお願いします。私達は羞恥が高まる程興奮し、激しいオルガに達することができるからです。」
 夏焼雅が卑猥な台詞を一度もつかえずに言い終わると、一斉にオナニーが始まった。
 1ヶ月間穿き続けてクロッチ部分に黄色いシミが広がっているショーツを落とさないように両脚を大きく広げながら、両腕を尻の方から回して、左手の人差し指と中指でワレメを開き、右手の人差し指と中指をワレメに挿入して、ゆっくりと出し入れしている。
 男達は、再び肉棒をカチカチに勃起させながら、雅に言われ通り正面のメンバーにイヤらしい質問を始めた。
  • 2010-03-01 16:51
  • KOH
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix